野菜の特徴④ 〜ブロッコリーって蕾を食べる野菜なんだ〜

過去記事

野菜の特徴① 〜人参は涼しいのが好き〜

野菜の特徴② 〜ナスは寒がりや〜

野菜の特徴③ 〜白菜は寒さに耐えて美味しくなる〜

野菜の特徴シリーズ

第4弾

ブロッコリー

冬野菜です。

旬:12月〜3月頃

科:アブラナ科の1年草

原産地(出身地):地中海沿岸のヨーロッパ

日本での生産量 best3

1位 北海道
2位 愛知
3位 埼玉

平成23年度農林水産省調べ

特徴

ブロッコリーは、キャベツの仲間です。

花を食べる野菜

に分類されます。

私たちが、普段メインに食べている部分(アフロみたいな部分
実は、花になる部分なんです。

なので、収穫せずにつぼみを畑で、そのままにしておいたら花が咲きます。

私としては、花になる部分を食べているなんて実感はなかったです。

ちなみにドラゴンボールにも登場します。

ブロリー=(ブロッコリー)

孫悟空とは同じ日に生まれ、1000年に一人現れる伝説の超サイヤ人。

ブロッコリーは栄養満点なので、ブロリーも強いです。笑

栄養面

ビタミンC
カロテン
葉酸・・・この間のパパママ健診で葉酸は妊婦に必要ですって言ってたなあ。

などを含む栄養価の高い野菜です。(カロテンとビタミンCの含有量がキャベツの4倍)

私は子供の頃に、ブロッコリーが体にいいからと親に言われて食べさせられてました。
その時は、あまり好きではなかったけど。

今は大好きです。

ブロッコリーの選び方

全体的に緑色が濃く
つぼみが密集していて引き締まっているもの。
つぼみの中央部が盛り上がっているもの。
茎の部分の切り口が、みずみずしく新鮮なもの。
→以上がオススメpoint

つぼみが変色しているもの
切り口が黒ずんでいるもの
→鮮度が落ちてます。

部位による特徴

つぼみ部分:茎部分に比べて少しやらかい。

茎部分:茎にも栄養がたっぷり。残さず食べましょう。
皮をピーラーなどでむいて薄切りにして食べると良い。

つぼみ部分よりも少し硬い。一緒に茹でる時は先に入れたほうが良い。

ブロッコリーの保存方法

ブロッコリーは、あまり日持ちしない。(黄色に変色してしまいます)
ポリ袋に入れて冷蔵庫で立てて保存して早めに食べる。
遅くても、2〜3日の間に食べきるのがいい。

どうしても、食べきれない場合はかた茹でして冷凍保存する。




栽培の上での注意

冷涼な気候を好む。

生育温度:20℃前後

苗の段階では高温に強いが、蕾が大きくなる頃には暑さに弱くなる。。

ブロッコリーのつぼみ部分を大きくするためには、外葉部分を大きくする。
外葉が大きくないと、大きなつぼみはできない。
→外葉を大きくするためには土作りが大切。

早生種なら、苗の植えつけから55~60日ほどで花蕾を収穫できます。

収穫時期は
ブロッコリーの花蕾が大きく育ち、小さな蕾がはっきりと見え、固く締まってくればOK。