これからの農業で必要だと思うのは【つくる人】と【食べる人】の【コミュニケーション】だと思う

農業研修開始から1年経過した農業研修中リョウです。

農業研修を開始してから、最近、思う事をまとめてみよーかな。って思って久々にブログを更新します。(久々にブログを書いたら書きたい事がいっぱいあって全然1記事におさまりませーん)

農業ってホンマに色々な形があるんだな。

農業の形??ってどんな形やねん。

丸いとか四角いとか三角とか、そんなことじゃなくてさ。

農家さんによって、想いもやり方も全然違って。

100人農家さんがいたら、100通りの考え方があるんだなって思いました。

私が思う栽培方法(やり方)のおおまかな分け方(私が思うものなので間違っているかも知れませんが、農業研修中の私にはこんな風に見えてますよーって話)

自然栽培

農薬、化学肥料を使用しない。肥料も最小限または使用しない。(緑肥や落ち葉とか、雑草を肥料にとか。他にも色々なのがあるけど、自然の循環を大切にみたいな感じかな。まあ自然なものしか使いませーんみたいな考え方なのかな)

有機栽培

農薬、化学肥料を使用しない。または認められている物は使いますっていう人もいるよね(有機JASでも使用していい農薬があるもんね)←使う使わないはそれぞれ違うんだと思う。私が知っている狭い範囲では使わない人のが多い気がします。

動物性堆肥(牛フンや鶏糞などなど)や植物性堆肥などを使用する人もいるよね。

油かすや米ぬかとかとか。

慣行栽培

農薬、化学肥料を使用する。でも使用する種類や量も様々。いちお農薬ごとに使える作物や使用量は決まっているんだね。

その規定量よりも農薬を減らして栽培してますっていうのが→減農薬で栽培。農薬の規定量よりも減らしてますって書いてあるの見たりしますよね。

そういえば、以前のセミナーで慣行栽培は【慣れて行う農業です。】って言っている講師の人がいたなあ。

それを聞いて私は思わず、納得しちゃいました。

この上記の農業の栽培方法(やり方)のくくりはおおまかなな物で。その中でもさらに色々と別れているなあって思います。

どの農業が良い悪いじゃなくて、今の日本の食糧事情を考えると全ての農業が必要なんでしょーね。

私が、やりたい農業【栽培方法(やり方)】や想いが固まったら発表します。

今は、ほとんど決まりつつあるけど。まだちゃんと固まってないので。

スーパーって、本当にスーパー凄い

ごく一般的には、野菜ってスーパーで買う事が多いと思うけど。

スーパーって、本当にスーパー凄いよね。

色々な野菜が揃っていて、見た目も綺麗で、野菜の大きさも揃ってて綺麗に陳列されてて。

しかも旬じゃないものまであったりするし。

でも、それって。きっと私達がそう望むから。そうなったんだよね。

でもね、スーパーで野菜を買ってたら、野菜の旬がいつで、どんな風に出来るかなんて分からないよなって思う。(いつでも、あの大きさで収穫出来て、見た目も綺麗に。なんもしないでも出来るんじゃねって思っちゃう)

農業って、もっとこんな事が必要なんじゃないかな

生産者(作る人、育てる人)↔消費者(食べる人)とのコミュニケーションが必要なんじゃないかな。

お互いにもっと知るっていうことが大事だと思う。

【農業研修中のくせに生意気発言ですが・・・まだ農家になりきれていない研修中の私〈消費者(食べる人)の感覚〉だから感じるのかも知れないけど】

野菜が

いつ、どっからきて、誰が、どんな想い、どんな風に育てたか分からない。

農家研修を初めて思ったけど、そこんとこをもっと知りたいよ。

だから、私が就農したら

生産者(つくる人、育てる人)↔消費者(食べる人)とのコミュニケーションが出来る農家になりたい。【ちょうどいい距離感で】

そのためには、まだまだ野菜についても栽培方法についても、知らない事だらけ。

もっと楽しく、色々と学びたいなあって思う農業研修中のリョウでした。

まとめ

  • 農業って色んなやり方や想いがあってみんなやっているよね。
  • どんな職種でも想いや信念があって取り組んでいる人って魅力的。
  • スーパーは本当にスーパーだ
  • 農業に必要なのはコミュニケーションなんじゃないかって思う
  • 自分のこれからの農業の事を考えるとドキドキとワクワクでイッパイです。