トマトサミット2016〜高知のトマト農家さん7組がグランフロント大阪に集結〜

過去のイベント記事

1・KYOCAのイベント 秋の京都にて

2・農業相談① 新農業人フェア in東京

3・農政新時代キャラバン(滋賀) 〜(TPP・高齢化)に負けない農業〜

先日、グランフロント大阪のイベントに行ってきました。

トマトサミット2016

2016年2月27日(土)、2月28日(日)

高知県のトマト農家さん7組が個性的で美味しいトマトを持ち寄って販売するイベント。

トマトについて

世界中で人気がある野菜。
世界で8000種類。
日本では120種類くらい栽培されているそうです。

トマトの原産地・・・南アメリカのアンデス山脈の高原地帯

分類・・・・ナス科ナス属

トマトの品種には生食用と加熱用がある。

日本では、サラダなどの生食が多いイメージですね。(韓国も生食が多いそうです)
品種・・・桃太郎系など

海外では、加熱して食べる事が多いそうです。ミネストローネ、ブイヤベースなど
品種・・・サンマルツァーノ種など

トマトには旨味成分である

グルタミン酸が多く含まれている

肉料理や魚料理とも相性が良い。

なぜ、高知でトマト??

全国的に見ても日照時間が長いのでトマト栽培において適温環境が作りやすい。

高知はフルーツトマト発祥の地。
フルーツトマト・・・水分を極力抑えて栽培した糖度8度以上のトマトのこと。(特に品種は関係ない)

高知県民は、いごっそうな県民性。

いごっそうとは土佐弁で「頑固者」という意味。
自己主張が強く、それぞれの栽培方法でトマトを栽培したため。
個性豊かなトマトができた。

トマトは育てる人によって、全く味が異なる。
品種によっても、凄く味も食感も形も大きさも変わってくる。
凄く個性が出る野菜だと思う。

本当に、面白い野菜だなー。
そして、美味しい。
農家になったら、絶対作りたい野菜です。

トマトサミットでは7組の各農家さんのトマトを、その場で食べ比べが出来ました。
色々な個性的なトマトがありました。

・糖度が高いフルーツトマト。
・糖度と酸味が程よいバランスのもの。
・凄くみずみずしいもの。

私の個人的なトマトの好みとしては、ちゃんと濃いトマトの味がするもの。

→言葉でうまく表現できないけど、食べたらすぐに分かります。

程よい甘みと酸味があるトマトが好きです。

美味しいと思ったトマトは妻と好みが一緒でした。

先着500名で高知のフルーツトマトを使ったトマトスープの振る舞いをやってました。

冷えた体に、温かいトマトスープ。

とっても美味しかったです。




トマト博士のトークライブ

色々なトマトを楽しんだ後に、トマト博士のトークライブも聞いてきました。

衣装にもトマト愛が溢れてました。笑

全身がトマト・・・。

トマトに関する話を聞いた後にトマトクイズがありました。

優勝者には、トマトがもらえるということで頑張りました。が・・・。

でも、結果は惨敗・・・。

でも、楽しかったです。勉強になりました。

トマトクイズの内容は

・日本で作られているトマトの種類は約120種類
・トマトは温めた方が美味しくなる。(甘みが増す)
・トマトの美味しさはヘタを見たらわかる。
・花粉症にも効果的と言われている。
・美味しいトマトは水に沈む。
・医師が選ぶ健康に良い食べ物1位がトマト。

ちなみに、医師が選ぶ健康に良い食べ物BEST3は

1、トマト
2、ヨーグルト
3、納豆

トークライブは外だったので寒かったですが、勉強になりました。

お気に入りのトマトの食べ比べ

今回のトマトサミットで

試食した中で、特に美味しかった2組の農家さんのトマトを買ってきました。

家に帰ってきてから2種類のトマトを食べ比べしました。

1つ目はフルーツトマト

こちらは、もうトマトの枠を超えていると思った。
本当にフルーツみたいなトマト。
とっても、甘くて美味しい。
今まで、食べたことがないようなトマトでした。

2つ目は普通のトマト

こちらは、普段食べるトマトの味。
でも、いつも食べているトマトより濃い味がしました。
甘みと酸味のバランスがちょうど良い。

とっても、美味しかった。

農家になったら、美味しいトマトを作るぞー。

トマトに限ったことではないけど

食べた人が
自然と
笑顔になる
美味しい野菜を育てる農家になりたいと思った1日でした。