節分 24節気番外編 〜実は節分は年に4回ある〜

24節気の過去記事

24節気について 22番目。 〜今日は冬至です〜

24節気について 23番目 〜もう過ぎちゃったけど小寒〜

24節気について  24番目 ~一年の内で寒い節気。大寒(だいかん)

今回は24節気の番外編

節分について。

みなさん

節分って年に4回あるって知ってましたか?

私は知りませんでした。

まず節分の意味ですが

節分・・・「季節を分ける」という意味があります。

節(季節の節目の)分(分け目)ということ。

日本の四季は春夏秋冬の4つ。

なので

実は、節分は年に4回あります。

季節の変わり目の日は

・立春・・・春に向けて季節が変化する1日目。
・立夏・・・夏に向けて季節が変化する1日目。
・立秋・・・秋に向けて季節が変化する1日目。
・立冬・・・冬に向けて季節が変化する1日目。

といいます。

その季節の変わり目の日の前日が

節分です。

主に節分というと、2月3日だけなイメージなのは私だけですか?

一説によると

春を迎えるという事は新年を迎えるくらい重要な節目だから。

1年に4回ある節分の中で1番大事。

いう理由みたいです。

しかも、節分って2月3日だと思ってますが

上記にある通り、立春の前の日。

だから、毎年2月3日じゃないそうです。

次に、節分のナゼナゼについて。

私が気になることを調べてみました。

ナゼ豆まき?

節分(季節の変わり目)には邪気が入りやすいと考えられています。

新しい年を迎える前に邪気を払って福を呼び込むために

豆まきするんだって。

新しい年(立春)を迎える前日(立春の前日→節分)に、

鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を払って

福を呼びこもう。

という理由から。

ナゼ大豆を撒くの?

大豆は五穀のひとつで、

穀霊が宿るとされているので。

(大豆は、五穀の中で米の次に神事に用いられてきました。米よりも粒が大きくて穀霊で悪霊を祓うのに最適)

また大豆は豆ということで

魔の目(魔目=まめ)

に豆をぶつけて

魔を滅する(魔滅=まめ)

にも通じます。

それと

豆まきに使う豆は

炒り豆じゃなきゃダメなんです。

理由は

・生の豆を使って拾い忘れたものから芽が出てしまうと
縁起が悪いとされているからです。

・「炒る」が「射る」にも通じているから。
「魔目」を「射る」ことで「魔滅」となる。

大体、お店で売っている節分用に市販されている大豆は炒ってあります。

念のため確認してみて下さい。

ナゼ恵方巻きなの?

恵方巻きに七福神にあやかり7種類の具を入れて

福を巻き込むことから巻き寿司。

7種類の具材は、特に何を入れるかの決まりはないけど

代表的なのは

・キュウリ
・かんぴょう
・でんぶ
・伊達巻
・ウナギ(アナゴ)
・高野豆腐
・シイタケ

恵方巻きのルール

1、太巻きを1人につき1本準備する。

福を巻き込むことから巻き寿司。

縁を切らないよう包丁を入れずに丸ごと1本食べる。

七福神にあやかり7種類の具が入った太巻きが望ましい。

2、恵方を向く

恵方とは、その年の幸福を司る歳徳神(としとくじん。年神様の別称)のいる方角のこと。

その年の最も良いとされる方角。

2016年の恵方は、南南東です。

3:願いごとをしながら、黙々と最後まで食べる

しゃべると運が逃げてしまうので、食べ終わるまでは絶対に喋っちゃダメです。

皆さん、節分の夜は

是非、家族で無行息災を祈って

豆まきして

恵方巻き食べましょう。

邪気を払って
福を呼び込むために。