リゾバ体験記④ 〜北海道の離島編−1〜 『白い恋人の山がある島』

〜過去のリゾバ体験記〜

リゾバ体験記① 〜北海道スキー場編−1〜

リゾバ体験記② 〜北海道スキー場編−2〜

リゾバ体験記③ 〜長野スキー場編〜

私は、以前にリゾバしました。

北は北海道から南は沖縄まで。

リゾバ=リゾートバイトです。

みなさん、リゾートバイトって知ってますか?

普通にサラリーマンで働いてる方には無縁の話かもしれないですね。

簡単に説明すると。

リゾート地に忙しいシーズンだけ住み込みでアルバイトすること。
(私なりの勝手な見解ですが)

一度やったら楽しくてなかなかやめられません。

なので、ご注意を。

次のリゾバ体験は

北海道の離島。

・白い恋人のパッケージになっている山がある。
・日本百名山にも選ばれている山もある。
・食べ物では、昆布やウニが有名。
・映画、北のカナリアたち の撮影も行われた。

      

北海道 利尻島です。

夏の間だけ旅館に住み込みで働いてました。

いやあー。この時は楽しかった。
個人経営の旅館で、

登山や観光客の方が多い旅館でした。

凄く忙しくて休日はあまりなかったけど

毎日が凄く充実してて楽しかった。

やっぱり

働く場所の環境や仲間って大事ですね。

個性的な人が多かったけどね。

(以前の記事で個人経営の所は、もうやだーって書きましたが・・・。

リゾバ体験記③ 〜長野スキー場編〜

働く場所の環境や一緒に働く仲間が良ければいいんだーって改めて思いました。)

旅館の仕事内容としては。

まず、朝は朝食のお手伝い。

これは当番制で、全員出勤ではありませんでした。

朝食当番の日は早起き必須です。

お客様の朝食が終わったら

スタッフのみんなと朝食。

同じ釜の飯を食べたら、仲良くなる。

これって本当だと思う。

一緒に食卓を囲む事って。

人にとって大事な事ですね。

それによって、お互いの距離が縮まると思います。

みんなで朝食食べて

みんなで朝食の片付けをしたら。

みんなでチェックアウト後の、部屋掃除。

清掃作業は各自分担で別れての作業。

・お風呂掃除の人。
・掃除機担当の人。
・浴衣担当の人。
・お茶、お茶菓子担当。

などなど。いろんな担当に分かれていました。

私は、お風呂担当でした。

毎日、びちょびちょになりながら。お風呂洗ってましたよ。

人生の中で、一番お風呂を洗った夏だったのは間違いありません。

役割分担に分けて

自分の仕事は自分でしっかりとこなす。

どんな仕事でも

これって大切。

(農業する上での私と妻の役枠分担も模索中)

午前中の清掃作業はバタバタしてます。

午後のチェックインの時間もあるので

それに間に合わせないといけないし。

清掃作業以外にも
浴衣たたんだり。
タオルたたんだり。
まあ、その他いろいろ。

一般家庭で、やる量とは比べものになりません。

早く清掃作業を終わらせなければーーーーー。

みんな必死です。

午前の仕事が終われば、中抜け休み。




みんな、まったりと午後の仕事に向けて昼休み。

・海に行ってみたり。
・読書したり。
・観光したり。
・コンビニ行ったり。

コンビニはセイコーマート。

これって、北海道にしかないのかな。

セイコーマートのホットシェフのオニギリが大好きです。

特に、島のセイコーマートのオニギリは格別。

他の北海道のセイコーマートのオニギリよりも格段に美味しく感じました。

なんでだろ。
具材が海が近いし美味しいのか?
水が美味しいからなのか?

あー。また利尻島のオニギリが食べたいなあ。

アルバイトの休みは、あまりなくて。
ほぼ毎日、仕事でした。

けれども

忙しいけど充実した毎日でした。

サラリーマン生活では考えらえない時間の使い方。

まったりとした、利尻島の時間の流れ。

時間って生きている間は、みんな平等にあるけど。
(お金で買うことも出来ないし)

使い方は人それぞれ。

その時間をどう使うかによって人生は変わるのかなー。

なんて、ふと思いました。

都会で生活している時間や人の流れって、すごく早いです。

私には、ついていけません。

人混みに飲まれそうになるし。

あまりに、人混みだったら気持ち悪くなることあります。

私自身
人は好き。

でも

大勢の人ゴミは嫌い。

少人数で楽しくワイワイするのは好きだけど。

大人数でワイワイするのは苦手です。

知らない人が沢山いる

その他、大勢的な感じは凄く苦手。

典型的な人見知りタイプの人間です。

話が、それちゃったけど。

忙しいけど楽しい北海道 離島バイトでした。

まだまだ書きたい事があるので

第二弾へ続く・・・・。