おせち料理について〜おせちには意味があります〜

あけましておめでとうございます。

年末年始がバタバタしててブログの更新を怠ってました。

今日から、また気分を入れ替えて頑張ります。

さあ、皆さん。

お正月休みは、ゆっくりと過ごせましたか?

おせち料理を食べた人も、多いと思いますが。

おせち料理の中に入っているものの意味について色々と調べてみました。

おせち料理の具材の意味

・田作り(ちっちゃい小魚みたいなやつ)

五穀豊穣を願うもの。
昔の人が、イワシの乾燥させたものを田んぼに撒いて肥料として使っていたことより。
その、田んぼが豊作だったと言ういわれから。

・黒豆

無病息災を願って、邪気を払う。
黒色は邪気を払う色とされている。
また、今年1年
「マメ(真面目)に働き、マメ(健康)に過ごせるように」と願いが込められている。

・数の子

子宝に恵まれるように。
数の子はニシンの卵。
ニシンは卵が多いので子宝に恵まれるようにと。子孫繁栄を願って。

・ごぼう

ごぼうは地中深くに根を張るため。
家族がしっかりと、その地に根を張って安泰に過ごせるようにと願いを込めて。

・栗金団(くりきんとん)

金運を呼ぶ縁起物として。と願いを込めて。

・紅白かまぼこ

かまぼこの半月を初日の出に見立てて。
赤は、めでたい色として。白は神聖な色として。
紅白で縁起物。

・伊達巻

文化の発展や、学業成就を願って。
昔の巻物に似せて。昔の大事な書物は巻物にしていたので。

・レンコン

たくさん穴が開いている。→先の見通しが良いように。










・海老

長寿を願って。
腰が曲がるまで長生き出来ますように。

・鯛

めでたい。から。語呂合わせで。

・鰤(ぶり)

出世を願って。
鰤が成長するたびに名前が変わる出世魚なので。

・昆布巻き

健康長寿を願って。
昆布→よろこんぶ  の語呂合わせもある。

・煮しめ

家族仲良くいれるように願いを込めて。
根菜を中心に色々な野菜を入れて煮込む為。

ちなみに、私は子供の頃に一番好きだった、おせち料理は

栗金団

でした。

今年の、お正月に嫁のおばあちゃんの家でも

栗金団

いっぱい食べました。

きっと、これで金運が巡ってくるはず。