農家体験③  〜nice time farming編〜

今年の夏頃の農家体験。

人生で初めての田植えしました。

いやー手で田植えって大変な作業ですね。

昔の人は全て手植えで田植えしてたなんてビックリです。

それでは、内容について。

愛知の友達の農家に泊まり込みで1泊2日でお手伝い。

(京都から下道で約5時間くらい。久々のロングドライブでした。)

彼は、北海道のリゾバ時代にスキー場で出会った友達です。

スノボも凄く上手で憧れでした。女の子にもモテモテやし。笑

ボードの俺の師匠的な存在だと勝手に思ってます。

そんな彼は、現在は愛知で農業してます。

nice time farming

結婚して、子供できて。

人生においても先輩です。

農家としても先輩ですね。

(年齢は私のが先輩ですがね。)

作目は

水稲(米。古代米など)

野菜(色々作ってました)少量多品目で。

農法

自然農法ですかね。

農薬は使わず。

そんなところでお手伝い。

お手伝いの内容は、田植え。

人生初の田植えでした。

雨の中、機械では植えられないところを手で苗を植えました。

植え方もよくわからないので教えてもらいながら。

なんか、植えるというか感覚的には田んぼの中に置いてくるみたいなイメージでと教えてもらいました。

例えるならば、スラムダンクの桜木花道のレイアップシュートの練習の時みたいな感じ。

ゴールに置いてくるような感じで。

そんなことを思いながら黙々と植えました。

田んぼに足を取られながら、

転びそうになりながら。

群馬産の田植え機って、からかわれながら。笑

↑私が群馬県出身なので。

でも、楽しかったよ。

収穫の手伝いは来てねーって。

いやー遠いし来れるかわからんけどねー。

お手伝い後に、疲れた体を癒しに一緒に温泉に行きました。

そこで、

農家の事。

農地の事。

これからのビジョンなど色々と語りました。

いやー先輩さすがっす。

俺には、色々とまだ未知の世界すぎて。

いつか、同等の立場で話しが出来るようになるんで。

それまで、待ってて下さいね。




そのあと、腹減ったので。

居酒屋に飯を食べに行き。

名古屋名物を食べました。

手羽先やら。

大きなチキンにタルタルかかったものなど。

愛知は、どえりゃー濃い味で量が多いですな。

次の日の朝に畑の手伝いして。

肥料作ったりしました。

お昼は、矢場とんで味噌カツ食べた。

これも美味しかったよ。

いつか、農業について語り合おうね。

その前に色々と就農前に相談するかもだけど、よろしくです。

頼れる先輩がいて良かったと思う1泊2日の旅でした。