農業相談① 新農業人フェア in東京 〜相談しよう、そうしよう〜

去年の冬頃。

ちょうど、1年くらい前の話。

農業について考えて行動して1年経過してるんだね。

農業をしたいけど何から始めたらいいのか全くわからない。

それなら

相談しよう、そうしよう。

ネットで色々と検索して、とりあえず行動に移してみることに。

そしたら、HITしましたよ。

新農業人フェア

年に何回か東京や大阪や北海道で開催している大規模な農業相談会。

・農業を仕事にすることのヒントを得られる。

・全国各地の情報が一度に集められる。

・農業経営者、農業法人、自治体の相談員など色々な人の話が聞ける。相談できる。

・農業の転職先や研修先を探す事ができる。

リクルートが主催してるそうです。

私たちは1年前は北海道で就農することを考えてました。

(現在は、京都で就農予定ですが)

なので、北海道で興味のあるブースを夫婦で見て回りました。

どの、自治体や農業法人の方も受け入れに積極的でした。

色々な話も聞けてよかったです。

その中でも、

平取町のトマト農家さんの話が印象に残ってます。

トマトは暑さと湿気が苦手な作物。

→トマトは、南アメリカ アンデス山脈高原地帯の出身

平取町は北海道のなかでも涼しくて、トマトの一大産地です。

トマトを大規模で生産している農家さんが多いそうです。

農家さんは、トマトを栽培することにだけ専念してくださいと。

出荷や調整作業はやってくれるそうな。

その時、思ったことは。

最後まで、出荷や調整作業も自分でやりたいなあー。

って思いました。

栽培に専念できることはイイ事だけど

最後まで全て自分でやりたいなって思いました。

きっと大変なんだろうけどね。でも、全部自分でやりたい。

また、受け入れに必要な自己資金は少なくても、400〜500万。って。

そんなに、自己資金ありませーん。チーン。




そして、就農セミナーにて

千葉で少量多品目で有機農家さん

している方の話も聞きました。

その方も、以前は農家ではない仕事をしていて。

新規就農という形で有機野菜で新規就農した農家さん。

・なぜ農業だったか?

・退職〜研修〜就農について

・就農の秘訣

などについて、話して頂き勉強になりました。

その中でも一番印象的だった言葉は、

別に有機野菜だからって、凄く高い値段で売れるわけじゃないんだよって。

でも

人は、食べるもので人は生きてる。

その食べ物の質って大事でしょ。

って。

私も、そう思います。

そして、無農薬だったら

子供がいつ畑に遊びに来て裸足で走り回っても安全。

家族の事を凄く考えてる、あったかい農家さん。

素敵です。

私も家族を大事に。

笑顔の溢れる家庭で。

笑顔の溢れる農家になろう。