農業は攻めか?守りか?【MFが私の理想】

農業は攻めか守りか?

先日、農業シンポジウムに参加してきました。

第九回シンポジウム
次世代農業を拓くー攻めか?守りか?ー
日時:2016年6月4日(土)
場所:京都大学北部総合教育研究棟 益川ホール

今回のシンポジウムで感じたこと。

農業は攻めの姿勢、守りの姿勢。どちらが大事か?

それは

攻めと守りの両方が大事。

サッカーで言ったら、MF(ミッドフィールダー)的存在ですね。

攻め

6次産業化
ICTの導入
農作物の輸出
経営規模の拡大
新規就農者の獲得
などなど

守り

農業のムラ社会の地域との関わり方を守る。
農業は、地域の方々との関係なくしてなりたたない。
水稲の水の管理。
草刈りなどの環境保全。
などなど

もし、田畑を全部なくなったとしたら自然災害が起こるリスクも高くなる。

→田畑に保水力があるから。

もし、日本から農業が無くなったら大変だあー。

→米や野菜が海外から全部輸入とかやだー。

現在、農業はドンドン高齢化が進んでいて、そろそろ引退の人が増えてくる。

→農業する人いなくなっちゃうよ。

ちなみにこちらが最近の農業者人口。

                                      単位:万人
平成22年 23年 24年 25年 26年 27年
農家人口 650.3  616.3 586.4 562.4 538.8 488.0

うち 女性

329.4 312.2 296.7 284.6 272.7 244.9

うち 65歳以上

223.1 212.6 205.8 203.2 201.6 188.3

対総人口比(%)

5.1 4.8 4.6 4.4 4.2 3.8
農家人口に占める高齢者(65歳以上)割合(%) 34.3 34.5 35.1 36.1 37.4 38.6
総人口に占める高齢者(65歳以上)割合(%) 22.8 23.3 24.1 24.5 25.4 26.2

資料:農林業センサス、農業構造動態調査(農林水産省統計部)
引用:農水省ホームページより

上記の資料を見て私なりに考える事。

プラス要素
・これからも農業は担い手不足が予想される。
・そろそろ引退する方が増えてくるかも→農地に空きが出やすくなるのではないか?
・農地を増やしたり、集約化(まとめたり)出来るのでは。

マイナス要素
・年々農家人口って減っている。
(総人口比に対する割合も減少している)
・農業している人の高齢者の割合(65歳以上)が増加している。
→さらなる農業人口の減少が見込まれる。



みんな、あんまり米を食べなくなってきてるけど米がなくなってもいいの?

→私は嫌です。

農家の人から聞くことが多い言葉。

「米は作っても儲からない」

→農家の人は儲ける為だけに農家しているわけじゃないけど。

作って赤字じゃ困るよね。

私が考える理由
・設備投資が高い→様々な農業機械が必要。→米用の機械は高いものが多い。
・米を食べる人が減っている。

私が思う一番の問題点は
米を食べる人が減少しているのが問題だと思う。

→米の消費量が減ってるのに、米をたくさん作ってもしょうがないもんなぁ。

                                    1人当たりの1年間の消費量(単位:kg)

 昭和40年度

 50年度

 60年度

 24年度

 25年度

 26年度
(概算)

穀類 145.0 121.5 107.9 90.6 91.1 89.6
   うち  米 111.7 88.0 74.6 56.3 56.9 55.2
   うち  小麦 29.0 31.5 31.7 32.9 32.7 32.9
いも類 21.3 16.0 18.6 20.4 19.6 18.9
でんぷん 8.3 7.5 14.1 16.4 16.4 16.1
豆類 9.5 9.4 9.0 8.1 8.2 8.2
野菜 108.1 110.7 111.7 93.5 91.7 92.7
果実 28.5 42.5 38.2 38.3 36.8 34.9
畜産物 55.9 84.3 107.7 136.2 135.9 136.5
   肉類 9.2 17.9 22.9 30.0 30.1 30.2
   鶏卵 11.3 13.7 14.5 16.7 16.8 16.7
   牛乳・乳製品 37.5 53.6 70.6 89.5 89.0 89.6
魚介類 28.1 34.9 35.3 28.9 27.4 27.3
砂糖類 18.7 25.1 22.0 18.8 19.0 18.5
油脂類 6.3 10.9 14.0 13.6 13.6 14.1

資料:食料需給表(農林水産省大臣官房政策課食料安全保障室)

引用:農水省ホームページより

(一部省略)

昭和40年は一人当たり年間111.7kg→平成26年度一人当たり年間55.2kg

うーん。

約半分ですね。

現代人の食の多様化によって、米を食べる頻度が減ってるのは分かるけど。

もうちょっと米食べよー。

私も、もっと米を食べなきゃなーって思いました。

それと、お米の補助金について

飼料米を作ったら補助金を出しますとかあるらしいけど。

→それって間違っていると思うよ。もっと違うお金の使い道あると思うんだけどなー。

まとめ

・農業は攻めか守りか?

→両方かなー。

バランスをみながら両方をこなすMF(ミッドフィールダー)的存在に私はなりたい。

・農業人口は年々減ってますよ。

→きっと農業をする若い人が増えるよ。

そうじゃないと日本の農業が無くなっちゃうかもよ。

・米の消費量が年々減ってます。

→みんなで、米をもうちょっとでいいから食べよう。

私も、もっと米を食べよう。

ワクワクセンサー稼働中

農業準備中 りょう