マルカワ味噌工場見学 〜今もなお、木桶で仕込む味噌〜

過去のイベント記事

1・KYOCAのイベント 秋の京都にて

2・農業相談① 新農業人フェア in東京

3・農政新時代キャラバン(滋賀) 〜(TPP・高齢化)に負けない農業〜

4・トマトサミット2016〜高知のトマト農家さん7組がグランフロント大阪に集結〜

5・赤峰勝人講演会  in広島 ~交通費節約大作戦〜青春18きっぷで青春しよう~

6・味噌は熟成までに10か月!! ~手前味噌作り体験~ マルカワ味噌にて

味噌作り体験、マクロビランチの後に

マルカワ味噌の味噌蔵の見学させてもらいました。

今でも、味噌を木桶で仕込んでいます。

味噌作り工場に入ると

大豆の匂いというか

味噌の匂いというか

なんか発酵してる匂いがしました。

味噌作りの工場では

たくさんの味噌を仕込むので

色々な機械がありました。

味噌を仕込む木桶も凄く大きくて、とてもじゃないけど

人の手では、動かせるサイズではありません。笑

味噌の仕込む量も3065kgと書いてました。

社長が味噌作りの機械について色々と説明してくれました。

だけど、味噌作りの機械の説明は

あんまり覚えてません。笑

社長、ごめんなさい。

工場見学の最後に行った部屋では

なぜかクラシックが流れてました。

社長の説明によると

マルカワ味噌の作ってる味噌でヴィバルディという商品があるそうです。

この味噌は、24時間ずっとクラシックを聴いて熟成させるそうです。

そのクラシックの曲が

「ヴィバルディ」

味噌の味に違いが出るらしいです。

味噌蔵見学の後に、お土産売り場で色々な味噌の試食をしました。

みなさん、味噌の食べ比べってしたことありますか?

私は、ありませんでした。

マルカワ味噌では、色々な味噌が並んでいて試食できます。

味噌って本当に味が全然違うんですね。

食べ比べをした中で一番気に入った味噌は

「未来」

お土産に農家準備中の嫁に買って帰りました。

普段使いするにはチョットしんどい価格です。

私たち貧乏なので。

だから、味噌は手前味噌を毎年仕込もうと思ってます。

味噌造り楽しいし。

今度は、大豆を煮るところから自分でやってみよう。

いつか

味噌造りワークショップとかやりたいなあー。

みんなでワイワイ作る味噌造り。

想像するだけでワクワクセンサー上昇します。




味噌造りの後に帰るには、まだ早いし。

どっかに行こうかということになって。

みんなで、スマホに向かって色々調べました。

その中で一番興味がある

東尋坊に行きました。

東尋坊といえば断崖絶壁・・・。

正直、想像以上でした。

ほんまに怖すぎ。

もし、後ろから押したら冗談では済まされないレベルです。

ガクブルしながら、断崖絶壁を覗いたけど。

いっぽ間違ったら、死んでしまう

そんな恐怖体験をしました。

東尋坊の帰り道の商店街で夜ご飯を食べようと思ったら、閉まってて残念。

味噌造りの後だったので、到着が夕方だったので仕方ない。

帰り道の敦賀市内の回転ずしで夜ご飯にしました。

やっぱり、海が近いと海鮮が美味しいですね。

回転ずしでも満足できました。

私は海なし県の群馬県で育ったので海鮮が美味しいっていうのに憧れます。

今回の

・味噌造り体験

・味噌蔵見学

・東尋坊観光

とっても楽しい思い出になりました。

次の日、仕事に行くのは憂鬱で仕方なかったですけど。

今回、感じたのは

・日本の伝統的な発酵食品である味噌の大切さ。

・麹菌の働きで10ヶ月もかけて味噌が熟成する素晴らしさ。

・食の大切さ。