京都 嵐山 発酵食堂 カモシカ 〜発酵って凄いね〜

カモシカ食堂~命は命で元気になる~

京都の嵐山にある発酵食堂

先日、気になってたお店に行ってきました。

初めてお店に入った瞬間

なんか発酵の匂いが プーン とした気がしたかも。

多分、先客の方が

本日の発酵8種定食

を食べていたからかなー。

発酵食品って、私たちの日本の各家庭の台所には昔は当たり前のようにあったんだろうな。

味噌、醤油、納豆、麹、梅干し、糠漬けなど

今、我が家には糠漬けはありますが。

(農家準備中の嫁が、いつもかき混ぜてくれてます)感謝!!

発酵食品って

微生物の働きで美味しくなって、かつ栄養価が高くなって健康にも良いなんて素晴らしい。

微生物の働きって凄いです。

私が注文したのは

本日の発酵8種定食

とっても、美味しかった。

身体が喜ぶ、優しい味の料理ばかりでした。

(男性の方には、量が足りないかもだけど)




発酵8種定食の中でも気に入ったのが

お揚げの発酵あんかけ

野菜とお揚げに暖かい麹納豆あんがのっているんだけど、普段スーパーで食べる納豆とは全然違いました。

最後の方に、ごま油のラー油をかけたら、ピリ辛でアクセントになって美味しかった。

地場野菜のピクルス

シンプルだけど、凄く野菜の味が生きてて美味しかった。

魚醤(いしる)のピリ辛こんにゃく

小さいけど、しっかり味がついてて。

うまい。

白味噌の味噌汁

こちらも優しい味でホッコリ。

とっても身体に優しく、身体が喜ぶランチでした。

ランチ後に

ゆずの酵素ジュース(hot)

も注文しました。

こちらも美味しく頂きました。

食べ終わってから、お店の方と少し話させて頂きました。

酵素ジュースや発酵食品って生きているって。

酵素ジュースって毎日かき混ぜて空気に触れることによって微生物の働きによって腐ったりカビたりしない。

かき混ぜるのは、素手の方がいいんだって。(もちろん、清潔な手で)

手についてる菌も大事なんだってさ。

不思議ですね。発酵食品。

素人の私の素朴な疑問として、

酵素ジュースって、腐っているんですか?って質問してみました。

そしたら、このような答えが

腐ると発酵は違う。

腐る・・・死んでる状態。

発酵している・・・中で微生物が生きている。

へえー。っと思いました。発酵って面白いですね。

酵素ジュースは、密閉できる瓶の中に、

旬の果物:白砂糖 を 1:1の割合で入れて。

(少し、白砂糖が多いくらいでも良い)

毎日、清潔な手でかき混ぜて、発酵させる。

あとは微生物の働きで酵素ジュースが出来上がる。

(夏季2~3週間くらい・冬季3~4週間くらいで)

(白砂糖って身体に悪いってイメージだけど

発酵する段階でオリゴ糖に変わるんだって。

ほんまに、不思議ですね。)

酵素や発酵って

私たちは、発酵を手伝うだけで

あとは微生物がやってくれる。

不思議!!

酵素ジュースを

私も作ってみようかなと思ってて。

ただいま、新鮮で無農薬の果物を探し中。

人間って生きている
生きている食べ物を食べることで
生きる活力が生まれると思う。
健康に生きる為に
美味しくて健康に良い食べ物を
食べて生活しよう。

農という生き方とともに。