黒豆ロック2016【子供から大人まで楽しめる野外フェス】行ってきました。

黒豆ロック

黒豆ロック2016参加してきました。

黒豆ロックとは

京都府京丹波町で開催される野外フェス

今回で第5回目を迎えます。

このフェスのコンセプトは

黒豆ロックフェスティバルは、京丹波町で「自然」と「食」、そして「音楽」を楽しもう・・・

若い人向けだけではなく、大人の方々、そしてお子様からおじいちゃん、おばあちゃんまで

いろんな世代を交えてご家族で楽しんでいただけるような音楽イベントに成長させたいと考えております。

京丹波町の「みどり溢れる自然」、そこで培われた「食文化」や「空気感」、そして何より「人のやわらかさ、おおらかさ」を伝えたい。

黒豆ロック実行委員会

本当にみんな楽しそうでした。

黒豆ロック詳細情報はこちら

黒豆ロックに参加してみて私が感じた事は

京丹波町の素晴らしい自然の中で、素晴らしい音楽を、みんなで楽しもうっていう気持ちが伝わってきた楽しいフェスでした。

実際に、皆さんが好き勝手に色々な楽しみかたしてました。

  • 子供達は、走り回って遊んでたり
  • 大人は、芝生にブルーシートを敷いて寝転がりながら音楽聞いたり
  • ビールを飲みながら宴会状態の人や
  • 日差しを防ぐ為のテントを持参してユッタリと寝転がりながら
  • カップルでシートに寝転がりながら、ちょっとイチャイチャしながら音楽を楽しんだり

みんなが家でくつろいでるかのようにリラックスして楽しんでいました。

それでいて、野外という開放感の中で気持ち良く音楽が楽しめたと思います。

途中、天気は小雨が降りましたが・・・。

ほとんど降ってないようなものでした。



気になったキャラクター

京丹波町のマスコットキャラクター。

  • 味夢(あじむ)くん

味夢くんのプロフィール

 京丹波町と同じ平成17年10月11日生まれの6歳。でも、これ以上は年を取りません。

元気いっぱいで、好奇心旺盛。京丹波町の食べ物が大好きな食のヒーロー。

どんな悪者にも京丹波町のおいしい食べ物を与えることで心を入れ替えさせ、まちの平和を守っています。

味夢くんは京丹波の食を全身で表しています。
黒大豆の頭にマツタケ、紫ずきん、みず菜、京かんざしをつけ、くりの体を包むマントの止め具は小豆になっています。

味夢くんは京丹波の特産物を全身で表して、食をPRしています。

引用:京丹波町HPより

・味夢くんは、中に入る人の大きさによって身長が少し変わることもありますが、それは大人の事情なのでお許しを。

・永遠の6歳って。誕生日はあるのに歳をとらないって凄いですね。

・全身に、京丹波町の名産を身にまとっているなんて

とっても欲張りな感じのマスコットですが。それだけ京丹波町には沢山の名産があるということですね。

気になったアーティスト

出演したアーティストごとの詳しい詳細情報はこちら

その中で私が気になったアーティストは3組です。

1. 片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ

ロックンロール最高です。
今まで、ブルーシートに座ってた観客を立たせて楽しませてくれたのは素晴らしいと思いました。
彼らの音楽への熱と、音楽を楽しんでると言う気持ちが凄く伝わってきました。

2. ベベチオ

心地よいベベチオサウンドが京丹波の山に響きました。
まったりとゆる〜い感じが素敵でした。

3. W-D4

ジョイフルロックバッド。会場のみんなを盛り上げるのが上手だなって思いました。
そして、メンバー全員が若くてイケメンでした。

まとめ

・黒豆ロックは、みんなが楽しめる音楽野外イベントだと思う

・野外フェスには、日焼け対策が大事

・音楽を生で野外で楽しむって最高

・京丹波町は自然が豊かで食べ物も美味しい

・味夢くんは京丹波の名産品がてんこ盛りのご当地キャラクター

ワクワクセンサー稼働中

農業準備中 りょう