24節気について 3番目 〜虫さんおはよ、啓蟄(けいちつ)〜

24節気の過去記事

24節気について 1番目 〜今日からが春の始まりなんだよ。ありがとう立春。〜

24節気について 2番目 〜雪が雨に変わる時期。雨水〜

24節気番外編 節分  〜実は節分は年に4回ある〜

24節気について 22番目。 〜今日は冬至です〜

24節気について 23番目 〜もう過ぎちゃったけど小寒〜

24節気について  24番目 ~一年の内で寒い節気。大寒(だいかん)

それでは、今回は

啓蟄(けいちつ)

24節気の3番目。

毎年、3月6日頃。

雨水から数えて15日目頃。

今年(2016年)は、

3月5日です。

期間でいうと、啓蟄(けいちつ)から春分までの期間

啓蟄とは
「啓」「開く」
「蟄」「虫などが土で冬ごもりする」

という意味です。

・虫たちが冬ごもりから動き出す時期

大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃。

※実際に、動物や虫が冬眠から目覚めるのは

最低気温が5度を下回らなくなってから

平均気温が10度以上になってからだそうです。

啓蟄の日に

ひな人形を片付けるのが良い

と言われています。
ちなみに

ひな人形を飾り始める時期は

「啓蟄」の一つ前の「雨水」と言われています。




まだまだ寒い時もありますが

一雨ごとに気温が上がってきて

日差しも徐々に暖かくなってきますね。

最近、寒い日もありますが

だんだんと春の訪れを感じる季節になってきました。

春は、もうスグそこまで来てます。

私は花粉症なので

春が嫌いです。

花粉症さえなければ
春って最高

って感じられるのに。

と、毎年思ってます。

最近、白菜の値段が上がってきました。

今日、行ったスーパーで一玉400円。

高くて、買えません。

今年は、もう鍋は出来なそうです。

その時期の旬のものを食べるって

家計にも優しいんだね。笑

今頃の季節に

八百屋さんの店先に山菜が並び始めます。

旬の食材で春の訪れを味わいましょう。

この時期の旬の野菜

・春キャベツ
・菜花
・新たまねぎ
・山菜(ふきのとう、わらび、ぜんまいなど)

旬の野菜の中で興味を持った野菜は

菜花

ひと足早い春の訪れを知らせてくれる菜花。

花を咲かせるための養分が
蕾(つぼみ)にはギュッと詰まっている。

だから

栄養満点。

花野菜の代表格。

蕾(つぼみ)

を食べる。

蕾(つぼみ)のときに食べる

期間限定の贅沢さ
独特のほろ苦さが

魅力の花野菜。

調理方法としては

おひたし

辛子和え
サラダ
パスタ

などがオススメです。

菜花の栄養

他の野菜よりも

カリウムや鉄分などのミネラルを多く含んでいる。

ビタミンC→ほうれん草の3倍
β-カロテン→ピーマンの5倍

栄養価が、とっても優れた花野菜です。

やっぱり、旬のものを食べるって大事ですね。

旬のものを食べるのが
人の健康のためにも
家計のためにも(笑)

いいと感じました。